ぷくぷくほっぺのしゅんくんへ~ママのありったけの愛を込めて~
私の息子次男~瞬~が平成23年10月25日に亡くなりました。わずか5ヶ月の命でした。 でも瞬は今もママの中で成長しています。だから、ママの気持ちや瞬の思い出を書いてみようと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未来を失う・・・
最近、また本を読むようになった。

毎日、泣いてばかりいるから少し元気が出るように・・・
と思っていくつか本を買った。

でもやっぱり『死』についての本ばかり買ってしまったけど
瞬の死と向き合うために一つずつ読み始めた。

その中で
『愛する人を亡くした人へ』という本がある。

本の最初のほうに

親を亡くした人は、過去を失う
配偶者を亡くした人は、現在を失う
子を亡くした人は、未来を失う
恋人・友人を亡くした人は、自分の一部を失う


という、ユダヤ教のラビのメッセージがあった。

確かにそうだと思った。

私は息子を失い・・・
毎日に物足りなさを凄く感じている。

あまり楽しくない・・・
あまり美味しくない・・・
あまり嬉しくない・・・

未来の夢が無い。

他に子供達の成長は楽しみ。
でも、不安感が強い・・・

ちゃんと大きくなるかな?

また誰か死んでしまったらどうしよう・・・

私は子供達の寝顔を見るのが怖くなった。

それは
瞬がお昼寝から目覚めなかったからだと思う。

ぐっすり寝ている子供達を見ると
心臓がバクバクする・・・。
嫌な感情と空気に、一瞬にして包まれる。

怖い・・・

もうあんな経験はしたくない・・・

毎日そんな感情と過ごしている・・・

だけど、子供達3人の未来を楽しみにし、
一緒に笑って成長していくお母さんでありたい。

いつまでもこのままじゃダメだって
わかっているけど・・・

瞬が残した寂しさは
やっぱりそう簡単に割り切れるものでは無い。

あれだけいとおしく思い、
家族みんなにたくさんの幸せを運んでくれた子だから。

IMG_1781_convert_20120118085930.jpg
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
最近、また本を読むようになった。毎日、泣いてばかりいるから少し元気が出るように・・・と思っていくつか本を買った。でもやっぱり『死』についての本ばかり買ってしまったけど瞬...
2012/05/26(土) 13:11:40 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。