ぷくぷくほっぺのしゅんくんへ~ママのありったけの愛を込めて~
私の息子次男~瞬~が平成23年10月25日に亡くなりました。わずか5ヶ月の命でした。 でも瞬は今もママの中で成長しています。だから、ママの気持ちや瞬の思い出を書いてみようと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠・出産記録 ~長男編~
久しぶりに1人でゆっくりお風呂に入っていて、ふと過去の妊娠中を思い出しました。
そういえば・・・わたし、普通の妊娠・出産ってしたことないな・・
4回も経験してるのに・・



長男のときは、9年前・・・

妊娠初体験で、ワクワクドキドキの妊娠期間でした。
パパを朝送り出し、一日中自由時間で今思うと、すっごく、ぐうたらしてました
おかげで、体重が20キロ近く増えてしまい・・・
母子手帳には“太りすぎ”って毎回書かれていました。
一人目の時は、あまりつわりもなくていつも食べては寝るで・・・
自分的には、ビタミン摂取☆と言って毎日フルーツ摂ってたし~、
お散歩も毎日してるし~って
自己評価、高かったんですが・・・
先生に、果糖摂りすぎって怒られました

そんなこんなで迎えた38週。
朝方、破水してすぐに病院へ・・・
(破水の瞬間、パチンって音が聞こえました!!あれにはビックリ)

なかなか陣痛がつかなくて、子宮口も全然開かないし、出産って意外と地味・・って思ったのが間違いでした
12時間が経過した頃、陣痛は激しさを増すのに、子宮口がまだまだで・・・

なんとそのまま1晩越してしまいました
次の日になり、今度は子宮口は9センチになったのに、
陣痛が微弱になってしまい、またまた苦痛

破水から36時間経った頃、長引くお産で発熱(38.5℃超え)してしまい・・・
このままでは赤ちゃんが危険!という状況になり、先生がぞくぞく集まってきて・・・
わたし、拷問に遭いました

なんと、陣痛促進剤の点滴を全開で流し、1人の先生が馬乗りになりお腹を上からグイグイ押し、
もう2人の先生が交代で、陣痛の波に合わせて、手で私の子宮口を開いたんです・・・
そこから、3時間・・・死ぬ気で頑張りました
ハッキリ言って、もう二度と味わいたくない経験です・・・。

そして、6月24日 午後7時5分 (破水から、39時間10分)
可愛い男の赤ちゃんが生まれました
38週にして、3576gのビックな赤ちゃんでした。

あんなに大変だったのに・・・
元気な産声を聞いたら、痛みが吹っ飛んじゃったのを覚えています

で、なんでこんなに難産だったかというと!

太りすぎです・・・
子宮口というか、赤ちゃんの出口に余計なお肉がついてしまい、出てこれなかったらしいです
微弱陣痛も、太りすぎが原因らしいです・・・。
まさに、自業自得ですね・・・

P8130012_convert_20120107015508.jpg

2歳の頃の長男 Gくん 



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。